距離感を何で変えていますか?

距離感を何で変えていますか?

こんにちは。

 

ゴミ箱にゴミを捨てに立ち上がるのが面倒で、
つい投げてしまったことはありますか?

 

私はあります。

 

今回は人間がどうやって距離を合わせているか
についてお話したいと思います。

 

 

◆ 人間の潜在能力を活かす

 

ゴミでもボールでもなんでもいいですが、目標を決めて投げようとしたとき
人はどうやって距離を調節しているのでしょうか・・・?

 

ゴルフのアプローチでも距離感が重要ですが、
距離を合わせる方法として
いくつかよく言われる方法があります。

 

 

1.振り幅で距離をコントロールする。

 

2.スピードで距離をコントロールする。

 

3.クラブで距離をコントロールする。

 

 

もしもあなたが、30ヤード打つ場合、テークバックを腰の高さまで上げるとか、

 

50ヤードなら胸の高さまで上げるなどテークバックの大きさ(振り幅)で
距離をコントロールしているなら少し注意が必要です。

 

 

なぜなら振り幅は飛距離を変える本質的な要素ではないからです。

 

 


スポンサーリンク

 

 

では、本質的な要素とは何か・・・

 

それはスピードです。

 

コースで30ヤードを打とうとして、テークバックを腰の高さまで上げて
打ったのに、飛びすぎてしまうときはクラブを振る速度が速くなっているということ。

 

逆に飛ばないときは、遅くなっているということなのです。

 

練習場では腰の高さに上げた時にちょうど30ヤード飛ぶとしたら、
30ヤード飛ぶだけのスピードで打っているということです。

 

では、スピードで距離感を合わせるには
具体的にどうしたらいいのか説明します。

 

 

1.風向きやグリーンの硬さ、傾斜など
  あらゆる情報を集めます。

 

2.その情報を元に、ピンに寄せるために

 

  ・ボールがどのくらいの速度で飛び出して
  ・どの地点に落ちたら
  ・どれくらい転がるのか
  想像します。

 

3.落下地点まで飛んでいくボールの
  速度をフィードバックして 
  テークバックのスピードを変えて、
  距離をコントロールします。

 

 

  わかりやすく言うと、

 

  ・早い速度で飛ぶボールを想像したら、
   それに合わせてテークバックを速くする。

 

  ・ゆっくり飛んでいくボールを想像したら、
   それに合わせてテークバックをゆっくりにする。

 

 

そうすると何が起こるかというと、
結果としてテークバックの大きさが変わります

 

 

速くテークバックすれば、トップは大きくなり、フォローも大きくなります。

 

ゆっくりテークバックすれば、トップは小さくなり、フォローも小さくなります。

 

見た目は振り幅を変えているように見えますが、
やっていることは全く違います。

 

この方法を使うメリットがもう一つ。

 

微妙な距離も打ち分けられます。

 

 

例えば43ヤード打つときに振り幅で調節しようとしてもどこまで
上げたらいいのかよく分かりません。

 

ですが、スピードでコントロールすると微妙な違いも作れるのです。

 

最初にゴミ箱にゴミを投げる話を出しましたが、

 

人間は無意識にゴミの重さを感じ、
どの位のスピードで投げたら届くかを
潜在意識レベルで予測して投げています。

 

絶妙な距離感を出す為には
人間の潜在能力を使う必要がありますが、
その鍵は『スピード』にあるのです。