バンカーショットの一番シンプルな打ち方

バンカーショットの一番シンプルな打ち方

こんにちは。

 

みなさんにとってバンカーショットとは

 

芝の上から打つショットとは全く違うスイングに感じますか?

 

教科書通りにオープンスタンスでフェースを開いてアーリーコックで
鋭角に打ち込んでいるのにうまくいかない。

 

そんな、バンカーショットが苦手な方に今日は簡単な
バンカーショットの打ち方のお話をします。

 

それでは、今日のお話を・・・

 

 

 

◆ バンカーの中にある目玉焼き

 

バンカーが苦手でなかなか砂場から出てこれない方がいますね。

 

あまりにもバンカーから出てこないので他の人達が先にパターを打ち始めちゃう
なんて光景もたまに見かけます。

 

バンカーの少ないコースだとある程度のスコアで回れるけれど、バンカーが多いコースだと
スコアが10打以上悪くなってしまう。

 

バンカーさえゴルフ場に無ければ・・・

 

バンカーが憎い。

 

そのくらいバンカーが大嫌いな方へのバンカーショットの打ち方を教えます。

 

・・・

 

では、始めます。

 

1.いつものショットよりボールを 1個分左に置いてスクエアにアドレスします。

 

2.両肘を普段より深く曲げます。

 

  ボールの状態を見て、ヘッドをどのくらい
  深く砂の中で通す必要があるかによります。

 

3.肘の角度を変えずにクラブヘッドが砂の上ぎりぎりにくるように骨盤を
  前傾します。

 

4.アドレスで曲げていた肘をインパクトで伸ばします。

 

5.フィニッシュでは腰がターゲットを向くまでしっかり動かしてください。

 

 

終わりです。

 

 


スポンサーリンク

 

 

スタンスを左に向けたり
フェースを開いたり
コックを早くしたり
打ち込んだり
しなくていいです。

 

一般的に言われることを正しく守ろうとすることで
逆にうまくいかなくなっている場合があります。

 

なぜ一般的にスタンスを左に向けるように言われると思いますか?

 

理由はいくつかありますが、ひとつにはヘッドをインサイドから入れたくないからです。

 

インサイドから入れるとフェースとシャフトの根元の部分に砂が溜まって
ヘッドが砂から抜けづらくなるからです。

 

特に、普段ストレートまたはアウトサイドイン軌道の人は
左を向く必要ありません。

 

逆に左を向くことでボール位置がおかしくなったり、
極端なアウトサイドイン軌道になるのを無意識に
調整しようとおかしなスイングになっている人がいます。

 

 

次になぜフェースを開くと思いますか?

 

それは、バンスを活用したいからですが、
すでにサンドウェッジには大きなバンスがあるので
無理にバンスを出っ張らせる必要はありません。

 

逆にリーディングエッジが浮いてトップしている人がいます。

 

 

次になぜコックを早くすると思いますか?

 

それはテークバックをアウトに上げたいからです。

 

よくコックを使うと鋭角に打てるからだという説明をする方がいますが、
ダウンで早く手首を伸ばせば鋭角にはなりませんし、

 

鋭角に打とうとすることでインパクトがゾーンではなく
点になってしまいミスショットしている方がいます。

 

 

最後に打ち込めと言われるのはボールが砂に埋まっていたり、下が固く
バンスがはじかれそうな場合に必要なアドバイスの一つですね。

 

ですが、これら一般的に言われるやり方はまず不要です。

 

簡単に言うと、特殊なバンカーをのぞいては、
スクエアに構え、曲げた肘をインパクトで
伸ばすことでボールの手前の砂ごと一緒に
打ってしまえばいいのです。

 

砂の上に目玉焼きがあるのを想像してください。

 

ボールが黄身で、

 

ボールのまわりの砂が白身です。

 

砂にクラブヘッドをつけることができないので、肘を曲げて構えていますが、それ以外は
通常のスイングと同じでOKです。

 

普段より首の付け根を地面に近づけて構えているので
ヘッドが砂の中を自然に通っていき砂ごと打っていくことができます。

 

打ち込んで終わりにするとヘッドが抜けませんので、
フォローで左を向いてしっかりと振り抜くことを
心掛けてください。

 

この簡単な打ち方なら目玉焼きを丸ごとうまくグリーンに
乗せることができますよ。

 

まずは簡単なやり方で脱出することを覚えましょう。

 

スピンをいれたり距離を合わせるのはそれからですね。