「まっすぐ打ちたければ、まっすぐ打ってはいけない」パラドックス

「まっすぐ打ちたければ、まっすぐ打ってはいけない」パラドックス

こんにちは。

 

今日は「ストレートボールを最速でマスターする方法」
についてお話をしたいと思います。

 

 

◆ まっすぐ打ちたければ、まっすぐ打ってはいけないという矛盾

 

 

ゴルフ雑誌の表紙にこんなタイトルを良く見かけます。

 

「●●で曲げないゴルフを!」

 

「●●で打つから曲がらない」など。

 

ストレートボールを打つ為の特集が良く組まれています。

 

みなさんからも

 

「いつもまっすぐなボールが打てるようになりたい」
という話をよく聞きます。

 

では、みなさんはストレートボールをマスターするために
どんな練習をしているでしょうか?

 

もし、打席なりにまっすぐ飛ばす練習を続けているとしたら、
マスターするには時間がかかってしまうでしょう。

 

なぜならそれは、

 

最初から難しいことをやろうとしているからです。

 

ストレートが一番難しい球筋だからです・・・

 

 

そういうと
「ドローやフェードの方が難しい」と言われそうですね。

 

確かに何ヤード曲げるかまでコントロールするのは難しいですが、
右に打ち出してから左に曲げること(ドロー)や
左に打ち出してから右に曲げることは(フェード)
そんなに難しくありません。

 

インサイドアウトに振ってフェースが左を向いて
さえいれば右から左に曲がりますし、

 

アウトサイドインに振ってフェースが右を向いて
いれば左から右に曲がります。

 

しかし、ストレートボールは軌道がオンプレーンで
フェースが1度の狂いもなくスクエアに当たらなければ
ストレートにはなりません。

 

ですので
ストレートをマスターするためには

 

まずは、曲げ幅は気にせずにドローとフェードを打ってみてください。

 

 


スポンサーリンク

 

 

もう少し具体的に練習すべき順番を説明します。

 

1. スクエアなアドレスをとります。

 

2. ボールを10球連続で右に打ち出して下さい。
(どれくらい右に飛び出しても構いません)

 

3. 次に、ボールを10球連続で左に打ち出して下さい。
(どれくらい左に飛び出しても構いません)

 

4. 次に、右へ打ち出す、左に打ち出すことを交互にして下さい。

 

ここまでやると、インサイドアウトとアウトサイドインの

 

・ヘッドの軌道の違い
・体の動きの違い

 

がよく分かります。

 

5.次は、ボールを5球連続で右へ打ち出してから左に曲げてください。
(最初はフェースを左に向けてグリップしても構いません。
 徐々にグリップを戻して下さい。曲り幅は気にしません)

 

6.次は、ボールを5球連続で左へ打ち出してから右に曲げてください。
(最初はフェースを右に向けてグリップしても構いません。
 徐々にグリップを戻して下さい。曲り幅は気にしません)

 

この練習を順番にしていくと得られることが2つあります。

 

ひとつはドローとフェードのクラブと体の動きの違いに
気づくことができます。

 

 

ふたつめはクラブと体をコントロールする調整力が自然とつくのです。

 

ほとんどの方は同じことを繰り返して、スイングを固める練習をしています。

 

ですが、

 

本当にすべきは『調整力』をつける練習です。

 

クラブを右に振ること、左に振ることができると
はじめてその中間の真ん中がよく見えてきます。

 

フェースを左に向けて当てる、右に向けて当てることができると
その中間のスクエアがよく見えるようになります。

 

スイングを固めるのは正しいスウィングができてからです。

 

まっすぐ打ちたければ、まっすぐ打つ練習を少し休んで、
曲げる練習もしてみてくださいね。

 

いつものまっすぐ打つ練習の間にこの練習を
少し取り入れるだけで違いがでてきます。

 

この練習の目的は、調整力を上げることなので、

 

毎回完璧にドローとフェードを上手く
打てなくても気にしなくていいです。

 

練習上では上手く打てるけど、コースに行くと上手くいかない
という人には特に有効です。

 

コースではその調整力が活きてきます。

 

ぜひ試してみてください!