フォローを大きくして飛ばす本当の意味

フォローを大きくして飛ばす本当の意味

こんにちは。

 

「こんなに振ってるのに飛ばないんです!」と言われました。

 

それでは、今日のお話を・・・

 

 

◆ フォローが大きいと飛ぶ?

 

 

「フォローは大きいほうが飛ぶ」
とか
「フィニッシュでは腕が首に巻き付くまで振り切れ」

 

と言われたことはありませんか?

 

しかし、大きなフォローやフィニッシュを
マスターしてもボールを遠くに
飛ばすことはできません。

 

 

フィニッシュの形は一緒でも

 

飛んでる人と飛ばない人の

 

やっていることは違うからです。

 

 

フィニッシュまでしっかり振り切れているのに
飛んでいない人はいませんか?

 

 

 

◆ フォローが大きくなるメカニズム

 

綺麗なスイングをしているのにボールが
飛ばない人がいますが、なぜだと思いますか?

 

これは目には見えない力の使い方を間違えているからです。

 

フォローの部分で説明すると、

 

飛んでる人は

 

・フォローで腕の力が抜けて、
 クラブヘッドの遠心力などによって
 腕が引っ張られて動かされた結果としてフォローが大きくなっている。

 

 

飛ばない人は

 

・フィニッシュまで腕に力を入れ続け、
 自分の腕の力で動かした結果フォローが大きくなっている。

 

という違いがあります。

 

つまり自分で腕を
『動かしているか』
それとも
『動かされているか』

 

という違いです。

 

 


スポンサーリンク

 

 

形は似ていてもやっていることは違います。

 

力を入れるのは一瞬です。

 

インパクト手前で瞬間的に力を入れたらすぐに力を抜きます。

 

その力の使い方は

 

野球に例えると
ボールを投げるときに似ています。

 

バットで打つときではありません。

 

テニスに例えると
サーブを打つときに似ています。

 

レシーブのときではありません。

 

ゴルフボールの重さは約45g。

 

その小さい止まっているボールを打つのです。

 

野球のピッチャーが全力で投げたボールを打ち返したり、
テニスで相手のスピードサーブを打ち返すように
腕の力で押し返したりする必要はありません。

 

力は一瞬入れたらすぐに抜いてください。

 

ダラダラと力を入れ続けません。

 

それによって、
腕ではなくクラブヘッドにスピードがつき、

 

クラブに引っ張られた結果としてフォローが
大きくなりフィニッシュができるのです。

 

テークバックやダウンスイングの初期で余分な力が
入っていると肝心なところで正しく力を使うことが
できなくなります。

 

『力を入れるところと、抜くところにメリハリをつけてください。』

 

 

もう少し具体的に説明します。

 

インパクト直前で

 

左上腕を左胸に

 

右肘を右脇につけて

 

しっかりと脇を締めます。

 

 

力は腕を振るために使うのではなく
上半身に対して、腕を固定することに使います。

 

 

そるするとヘッドがグリップに対して急激に加速するのでシャフトがしなり戻ります。

 

 

飛ばない人は腕を振り続けるので、グリップが先行し、ヘッドが後ろにある方向に
シャフトがしなっています。

 

あとはヘッドの加速を妨げないように
力を抜いてフィニッシュです。

 

これまで腕を思いっきり使ってクラブを振っていた人には
少し物足りなく感じるかもしれませんね。

 

ぜひ、実験してみてください。

 

 

 

◆追伸

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

冬の練習場は寒いですね。

 

こういう季節はダウンジャケットなどをしっかり
着込んで練習してください。

 

服を着込んでいるとモコモコして
少し振りにくいですが、

 

無駄な動きをしづらくなるので
シンプルなスイングになります。

 

いつもと違うことをしてみるのも
成功の秘訣です。

 

 

ちなみに、
フォローで音がなるように
フォローを速く振れと言われますが、

 

フォローで音が聞こえるのは、
実際に音が鳴ってから人間が
認識するまでのズレがコンマ数秒あるからです。

 

実際はインパクトで最速に振れていないといけません。

 

それでは頑張って下さいね。

 

これからもあなたのゴルフの上達を応援しています!