運動神経のスイッチをONにする方法

運動神経のスイッチをONにする方法

先週、会社のNさんがこんな事を言っていました。

 

「シュミレーションゴルフだとちゃんと芯に当たるのに、
 コースだとうまく当たらないんですよ・・・」

 

 

こんにちは。

 

道具を使うスポーツは色々ありますが

 

テニスや卓球、野球などとゴルフの一番の違いは
ボールが動いているか止まっているかではないでしょうか。

 

そこにうまくいかない原因が潜んでいるかもしれません。

 

それでは今日のお話を・・・

 

 

 

◆ 運動神経のスイッチをONにする方法

 

シュミレーションゴルフや練習場ではうまく芯に当たるけど
コースだとうまくいかない一つの原因は、地面が平らじゃないことです。

 

ゴルフくらいですからね。

 

練習と本番の環境が全く違うのは。

 

他のスポーツはバレーボールならバレーコート、
卓球なら体育館、サッカーならサッカーグランドで基本は練習します。

 

でも、ゴルフの練習場は本番の実際のコースとは
全く違う環境の平らなマットの上ですから。

 

最近のシュミレーションゴルフは傾斜もつきますが、足の裏が平らな
ことには変わりありません。

 

でもコースの土の上は平らではありません。

 

 

もうひとつの原因は

 

練習場のようにマットがあればスタンスを構えるときの目安ができるのですが、

 

コースにはないので、目の錯覚などが原因で練習場と同じようには正確に構えられなく
なっているということです。

 

 

いうのは一般的な話ですね。

 

もちろんこういうことも原因ではあります。

 

でも、一番問題なのは
みなさんに元々備わっている
『自動ナイスショット機能』をOFFにしているということです。

 

運動神経が良い悪いという話ではなく、

 

みなさんが

 

・飛んでくる虫をとっさにかわしたり、
・水たまりを最小限の距離で飛び越えたり、
・人ごみをぶつからないように走り抜けたり

 

そんな普通の人が当たり前にできる能力さえ
使わなくしている場合があります。

 

確かに大事です。

 

アドレスでのボールの位置。

 

スタンスの向き。

 

テークバックの腕の動かし方。

 

手首のコックの方向や角度。

 

でも、

 

そこをうまく作っても、潜在的に備わっている
運動能力を殺してしまってはコースではうまくいきません。

 

ゴルフは自然の中でするスポーツなので
全く同じ状況はなく、微妙な調整ができる必要があるからです。

 

では、微妙な違いに対応できる
『素晴らしい機能』をコースでONにするための
潜在能力を呼び覚ます練習を2つご紹介します。

 

 


スポンサーリンク

 

 

ひとつ目は、

 

アドレスをしっかりと構えないで打つ練習です。

 

順番に説明すると

 

1.ボールをティーアップし、普段のスタンス
  位置から一歩斜め後方に適当に立ち、
  グリップだけ作ります。

 

2.右足、左足の順に素早くボールに近づき
  左足を踏み込むと同時にテークバックをして
  打っていきます。

 

テニスで飛んでくるボールに近づきながら、
動きを止めることなく打っていく感じです。

 

適当にスタンスを取りますから、
ボールとの位置関係が毎回微妙に違いますね。

 

これを続けていくと、かなりアドレスがズレて
いてもなぜかうまく当たることに気がつくでしょう。

 

さらには、一番理想的なボールとの間合いや
自然な体全体の連動性、スイングリズムなど
も発見することができます。

 

もうひとつの『自動ナイスショット機能』をONにする練習は、

 

片足を練習場のかごの上に乗せたり、ボールやティーを踏んだりすることで、
不安定な状態で打つというものです。

 

これらの練習をすると微妙な調節機能が高まるので
コースで役立つ応用力をつけることができます。

 

普段は同じスウィングを固める練習がメインだと思いますが、

 

子供のように遊び感覚でこんなことをするのも実はとっても効果があります。

 

難しいですが上級編として
ボールを転がしてもらい
動いているボールを打つという
練習も効果があります。

 

動いているボールにも対応できる
あなたの素晴らしい能力を目覚めさせてください。

 

 

今日はこれでおしまいです。

 

いつも最後までお読みくださり、どうもありがとうございます。

 

これからもあなたのゴルフが上達されますように!

 

 

 

追伸

 

 

先週行った平均スコアアンケートの集計がでました。

 

ご協力いただきありがとうございました。

 

では早速、平均スコアの結果を発表いたします。

 

 

1位・・・90〜99(34.4%)

 

2位・・・100〜109(32.1%)

 

3位・・・80〜89(27%)

 

4位・・・75〜79(3.6%)

 

5位・・・120以上(2.4%)

 

その他 (0.5%)・78〜85、・85〜99

 

 

日本のゴルファー全体の平均だと
100以上の方が一番多いのですが、

 

このサイトの読者の方は90台が一番多く、
100以上の割合も全国平均比で20%程少ないようです。

 

その分80台の方がかなり多いですね。
逆に、70台の方は全国平均より少ないです。

 

ハーフ30台に大きな壁があるようです。

 

この結果をみて、私の楽しみがひとつ増えました。

 

次回、同じアンケートをとった時には
平均スコアの分布が良い方に変化しているように
頑張って記事を書きたいと思います。

 

みなさん一緒に頑張りましょう!