練習でできないことは本番でもできません

練習でできないことは本番でもできません

パー3でティーアップして打つとテンプラしたり引っ掛けたりする
ことはありませんか?

 

 

こんにちは。

 

短い距離のパー3で、「よし、ニアピンとるぞ!」と意気込んで
打ったら、だるま落としになったり、引っ掛けてOBにして
しまったなんて経験はないでしょうか。

 

期待していただけに、このショックは大きいですね。

 

なかには、パー3でもアイアンでティーアップすると失敗するからと、地面に置いて
打つ人もいるかもしれませんが、

 

それはとってももったいないことです。

 

せっかくティーアップしてライがいい状態で打てるのですからその恩恵を受けられるような
練習を常日頃からしておきましょう。

 

そのためにする練習場でできる練習はティーアップしてウェッジで打つ練習です。

 

練習場でウッドはティーアップして打っても、アイアンはほとんどの方が地面からしか
練習していないのではないでしょうか。

 

練習でやっていないことは本番でもうまくできません。

 

本番でティーアップしてミスをする人はもちろんですが、このティーアップでの
ウェッジ練習をすると番手ごとのアイアンの飛距離が安定するようになります。

 

その理由は、アイアンの飛距離はフェースのどの高さでヒットしたかが関係しているからです。

 

できるだけ高いティーを使って毎回同じ打点の高さ、飛距離が出せるように
練習してみてください。

 

これを生徒さんにやらせると、うまくない人ほど1球ごとの結果が違います。

 

地面に置いて打つとそこそこ打てるのは練習場のマットが助けてくれているだけです。

 

練習マットは1センチ手前からダフっても5センチ手前からダフっても滑って当たって
しまうのでそんなに違いが出ませんが、ティーアップして打つとはっきりした
違いが現れます。

 

 


スポンサーリンク

 

 

この練習はフェアウェーウッドでも有効です。

 

フェアウェーウッドで練習するときも高いティーで練習してみてください。

 

マットではダフることでうまくフェースが返ってナイスショットになっていた人も、

 

ティーアップして打つと右へすっぽ抜けたようなボールになったりします。

 

本番でティーアップでのショットが得意でない方や、
飛距離がバラバラな人、練習が単調になっている方は
こういう練習も少し取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

難しい場合ははじめは9番くらいからはじめ、最後はサンドウェッジでうまく打てるように
してみましょう。

 

 

 

p.s.

 

このドリルを生徒さんにやってもらうと最初は全然できないので
「下から打っちゃダメですか〜」と言ってきます。

 

でも、

 

そんな時はにこやかに一言「ダメですと」厳しく答えます。

 

たまに目を離した隙に下から打つ人もいますが見逃しません(笑)

 

やればやった分だけ上手になるのでみなさんも頑張ってくださいね^^