完璧を求めるほど完璧から遠ざかる

完璧を求めるほど完璧から遠ざかる

突然ですが、

 

「あなたは完璧を求めるタイプですか?」

 

完璧主義には良い面も悪い面もありますが、

 

もしもゴルフにおいて、それが悪い方向に働いているとしたら少し変えたほうがいいかもしれません。

 

 

 

ゴルフは思いどうりにならない?

 

ゴルフを長年やっていても100をなかなか切れない方がいます。

 

100は切れたけど、90の壁がなかなか破れない方もいるでしょう。

 

このあたりで足踏みしているゴルファーには完璧主義が悪い方向に働いているケースが
あります。

 

 

それはどんな人かというと・・・

 

・パーも取れるけど、突然ダブルパーも叩く

 

・一度崩れだしたら止まらない

 

・ラウンド中や練習中に上手くできない
 自分に腹が立つ

 

・天気が悪いと人より極端にスコアが悪くなる

 

・ショットの感触を気にする

 

などなど

 

 

この傾向のある人はゴルフをする時だけ考え方を切り替えると現在の壁を突破できる
ようになるかもしれません。

 

 


スポンサーリンク

 

 

では、

 

どのように考えたら良いのかというと、

 

『ゴルフは9割がミスショットで当たり前』

 

というように考えてみてください。

 

 

なかなかアベレージゴルファーを脱出できない方は、9割ナイスショットを打とうとしています。

 

 

いや、

 

打てなければいけない、良いスコアで回れないと思っています。

 

でも、実際には逆です。

 

プロなどは1試合で納得できるショットは1球か2球打てればいいほうです。

 

ほとんどが本人にとっては完璧ではないショットです。

 

そう言われても完璧主義の人は納得しないかもしれませんが、

 

そこに納得できないところがゴルフでひと皮むけられない
理由だったりします。

 

『ナイスショットがでたら超ラッキー、ミスショットや当たりが悪いのが平常運転だ』
と思って楽な気持ちでラウンドしてみましょう。

 

すると、

 

ミスを受け入れてスコアをまとめるとはどういうことかが感覚的に分かり、
できるようになってきます。

 

ミスが起こるのが前提でスコアメイクをする。

 

ゴルフの壁を破るためには、今までのやり方や考え方を変えることが必要です。

 

完璧に近づくために完璧を求めることを一度手放してみませんか。