札幌ドームでの一コマ

札幌ドームでの一コマ

札幌ドームに行ってきました。

 

 

こんにちは。

 

ちょどこの日はメンズ&シニアデーということで普段の半額で観戦できました。

 

ファイターズは今シーズンすでに優勝を決めていますが、

 

この時点ではまだ優勝は決まっておらず首位ではありましたが、2位の西武との差はわずか。

 

残り10試合を切って大事なところでした。

 

私も、人気の「栗山監督弁当」を食べながら札幌の皆さんとファイターズを応援です。

 

話には聞いていましたが、札幌のファイターズ人気はすごいですね。

 

球場のほとんどの人がファイターズの応援ですからマリーンズの選手はやりにくいでしょうね。

 

7回の裏まではファイターズがリードしていたのですが、8回の表にホームランで追いつかれ
ピッチャーが増井に変わります。

 

そして、初球から3球連続のボール。

 

すると、それまで機嫌よく応援していた左隣の男性がこう言い始めました。

 

 

「また、始まったよ〜」

 

「相変わらず駄目だな」

 

 

ありがちな光景ですね。

 

野球を観戦してビールを飲みながらこう言っている分には構いません。

 

でも、ゴルフで自分がプレーしている時にこのような言葉を使うのは危険です。

 

自分が発した言葉はプレーに大きく影響してきます。

 

自分で自分にこのように言って悪い方向、悪い方向に気づかずに
いってしまう人がいます。

 

ミスショットやOBが出始めたり、スコアが崩れ出すと自分の悪口を
言い出すのです。

 

そして、怒り始める。

 

その後は、いつものパターンですね。

 

どんどんショットが乱れだし、それまではいいスコアで回っていたのに
上がってみたらいつもと同じか最悪のスコア。

 

・・・

 

 


スポンサーリンク

 

 

タイガーもたまにやってますね。

 

でも、このタイガーは真似ちゃいけません。

 

感情をコントロールするひとつの手法として怒りを一度吐き出すことにより完了させて
気持ちを切り替えるというやり方もありますが、タイガーを見る限りあまりうまくいかないようです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

一旦、外に意識を向けてみてください。

 

うまくいかなくなるとどんどん視野が狭くなり自分の中に入り込んでしまいます。

 

コースに出てコースを見なくなったらアウトです。

 

大事なものが見えなくならないように注意してください。

 

次にすることは同伴プレーヤーのプレーを褒めてください。

 

「ナイスショット〜」

 

「飛んでますね〜」

 

「ナイスパー!」

 

「上手くなりましたね〜」

 

このような肯定的な言葉を使ってみてください。

 

脳は自分の耳に入ってきた言葉が

 

人に言われたものか
自分で言ったものか

 

錯覚を起こすと言われています。

 

それによって感情や頭の中のイメージが良いものへと変化し、高いパフォーマンスを
発揮しやすい状態へと変わっていきます。

 

ゴルフは感情をいかにうまくコトントロールするかが重要です。

 

メンタルを強くするのは難しいことですが、このような方法を使うと感情をコントロールして
変化させることができます。

 

日曜日には池田選手がキャノンオープンで勝ちツアー通算10勝目を上げましたね。

 

尊敬するジャンボさんの記録を塗り替えたようです。

 

この試合では、ANAオープンのような言葉は使わなかったのでしょうか。

 

今シーズンはまだ残っています。

 

残りの試合でも、いつもの強気で前向きな言葉だけでプレーできたら、まだ勝つのでは
ないかと思います。

 

注目してみていてください。