勝ちたい気持ちが出てきた時は

勝ちたい気持ちが出てきた時は

早気(はやけ)って知っていますか?

 

 

こんにちは。

 

ゴルフでは「打ち急ぎ」とか「早打ち」といったりしますが、

 

弓道では弓をいっぱいに引くまで十分に持てずに矢を放してしまう
癖のようなものを早気と言うそうです。

 

練習場ではナイスショットを連発する人でもコースに出ると早打ちになる人が多くいますが、
そうなるといつものようなショットは打てませんからスコアも思うようには
出ません。

 

ちゃんと打てる能力はあるのに場所が変わると実力を発揮できないのは悔しいですよね。

 

弓道でもこの早気というのは厄介なもののようですが、ゴルフでもずっと
これに悩んでいる方もいるでしょう。

 

 

先日、大相撲中継を観ていたら解説者が、

 

「今のは勝ちたい気持ちが出すぎて立合いが上手く合いませんでしたね」

 

と言っていましたが、勝負事ですから勝ちたい気持ちを抑えるというのは難しく、
それによってタイミングが合わなかったりリズムを崩す、早くなってしまうというのは
どんなスポーツも一緒のことのようですね。

 

「勝つと思うな思えば負けよ」
と美空ひばりさんも歌っていますが、

 

勝手に湧いてくる感情を思わないようにするのは難しいことです。
(この言葉には最後まで油断するなという意味も含まれています。)

 

 


スポンサーリンク

 

 

そこでひとつの解決案ですが、コースに出ると

 

「良いショットを打ちたい」

 

「OBを打ちたくない」

 

「あの人にだけは絶対に負けたくない」

 

と思って感情が乱れ、スイングリズムが崩れたり、早打ちになり普段のスイングができなくなる人は、
ゴルフというスポーツの目的をこれまでとは違うものに考えてプレーしてみてはどうでしょうか。

 

ゴルフというゲーム本来の目的は1打でも少なくホールアウトすることですが、
そうではなく、美しいスイングを芸術点で競うスポーツだと。

 

空手では対戦を行なう「組み手競技」と形を競う「形競技」があったり、
フィギアスケートも以前は技術点と芸術点とに分けられていましたが、

 

ゴルフもスコアやナイスショット出来たかではなくナイスフォームができたか?

 

自分がイメージしている理想のスイングをすることだけに集中する。

 

良いスイングをすれば必ずナイスショットが打てるわけではありませんが、

 

リズムが早くなったり毎回違うスイングになってしまうよりもナイスショットが出る確率は結果高くなります。

 

ショットの結果や周りにどう見られるかも気にする必要はありません。

 

ショットの結果ではなくフォームだけを考え、その芸術点を採点するのも他人ではなく自分自身で行うと考えてみるのです。

 

ショットの結果やスコアが気になり打ち急いでしまう方、

 

メンタルコントロールが上手くいかないという方は
ゴルフをスイングフォーム競技だと思って
一度ラウンドしてみてはいかがでしょうか。

 

上手いから美しいのか、美しいから上手いのか。

 

今回は美しいゴルフから強いゴルフを追求する
ひとつの提案でした。