パターのルールが変わります

パターのルールが変わります

長い間続いていた、中・長尺パター問題もこれでほぼ決着がついたようです。

 

 

こんにちは。

 

以前もテーマにしたこの問題。

 

 

結論としては

 

・中、長尺パターの使用はOK

 

でも、

 

・アンカーリングは禁止

 

という内容で2016年から正式にルール改正がなされそうです。

 

と、なれば、

 

もう長尺パターを使うメリットはないですね。

 

メリットがないどころか、逆に扱いにくい道具になってしまうでしょう。

 

長すぎる・重すぎるがデメリットに変わります。

 

ここで、アンカーリングの意味をご存知ない方に簡単に説明すると、

 

「アンカーリング」とはパターを体の一部に固定して使う事です。

 

顎や胸やお腹にグリップエンドをつけてストロークを
行うとクラブの動きが安定しますが、それが駄目になったんですね。

 

USGA(米国ゴルフ協会)が分かりやすく絵で解説しています。

 

この絵の青枠がOKの使い方。

 

赤枠がNGの使い方です。

 

前腕にくっつけて使うことはいいようなのでベリーパター(中尺パター)はまだいいのですが、

 

長尺はアンカーリング禁止となれば確実に今までの様な恩恵は受けられなくなります。

 

私としては以前の記事でも書いたように改正しなくても良かったと思っています。

 

腰や背中が痛いゴルファーにとっては体に優しくて楽に打てるパターだったので
中途半端な規制の仕方をして欲しくなかったかなと。

 

 


スポンサーリンク

 

 

ちなみに、石川選手はこの問題について以下のようにコメントをしています。

 

「使ったからといって、入るとは思わない。 使いこなすには、また努力が必要だと思うから。
(中尺を使う選手が)勝っているという理由から規制されるのも・・・。
 中、長尺を使っている人々へのリスペクトがあるのかなとも思う。」

 

長尺に変えたことで復活した選手達にとっては厳しい改正となりそうです。

 

パターのルールが変わります関連ページ

中・長尺パター問題に決着か!
パッティング保険のご案内