素振りシングルから脱出する方法

素振りシングルから脱出する方法

素振りシングルと言われる人は

 

少し変えるだけで本当のシングルになれる可能性があります。

 

 

こんにちは。

 

練習ではうまくいくのに本番ではうまくいかないのは

 

緊張したり、焦ったり失敗したくないと思ったり、
良いところを見せたいと思ったりすることによって起こってしまう

 

メンタルの問題だと思っていませんか。

 

もちろんそれもあるでしょう。

 

しかし、その大きな原因は別のところにあります。

 

この問題は技術で解決することが可能です。

 

今日は解決法をひとつレッスンしたいと思います。

 

それでは今日のお話を・・・

 

 

 

テークバックの言葉が示すものとは?

 

まずは、Fさんから頂いたメールをご紹介いたします。

 

 

現在の悩みの1つ、テイクバックが
ツーモーションになってしまいます。

 

素振りでは、そうなっていませんが、
ボール置いて打つ段になると、
ぎこちないツーモーションになってしまいます。

 

プロに相談したら、テイクバックの時から
インパクトの意識が強すぎて、
焦っているからだと言われました。

 

確かにその通りだと思いますが、
どうやったら治せるのかが、
自分でわかりません。

 

自分の意識の問題だと思いますが、
何か良きアドバイスがございましたら、
宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

Fさん、メールありがとうございます。

 

素振りでは、スムーズに振れるのに

 

ボール置いて打とうとすると、ぎこちないツーモーションになってしまうのですね。

 

このような方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そして、プロの方が言っている

 

「テイクバックの時からインパクトの意識が強すぎて、 焦っているからだ。」

 

一見正しそうですが、私の考えは違います。

 

まず、

 

「インパクトの意識が強すぎる」とありますが、意識を弱めたらうまくいくのでしょうか?

 

多分、意識が強いか弱いかは自分でも認識できないでしょうし、
コントロールもできないでしょう。

 

ましてや、他人に意識が強いか弱いか判断することはできないと思いますし、

 

逆にインパクトの意識はしっかりとあるべきです。

 

 

次に、
「焦っているから」とありますが、本当に焦っているのでしょうか?

 

 

コースなどで、ライバルに1打負けていて最終ホールでこれをうまく決めないと
追いつかないというときや、

 

前の組みとの間隔が開きすぎて後ろの組みがつまっている
ときなど焦ることもあるかと思います。

 

しかし、練習場で打ってるときに毎回毎回焦っているとは思えません。

 

仮に、意識や焦りが原因だとしても

 

大事なことはそれによって何が変わってしまっているのかということです。

 

今日は、ひとつの仮説をもとにお話を進めていきたいと思います。

 

 

仮説:素振りでは慣性力を正しく使ってテークバックしているのに、
   本番では自分の筋力でトップまで動かしているのではないか。

 

ツーモーションになっているということは
一旦動きが止まり、また動き出しているということですね。

 

 

つまり
仮にテークバックの始動で慣性力を発生させたとしても一旦止めたということです。

 

止めたところから、また動き出すということは自分の力で動かしているということです。

 

このようなツーモーション現象が起きる場合スイング中に自分が

 

・動かすパートと
・動かされているパート

 

が、整理できていない可能性があります。

 

この部分については過去にメルマガで書いているので
もう一度読んでみてください。

 

『力の入れどころ抜きどころ』

 

プロの写真や動画を見るとトップではグリップが高く上がりシャフトが
地面と平行な位置まできていますね。

 

しかし、実際にはあそこまで自分がクラブを動かして作っているわけではありません。

 

トップというのは慣性力によって

 

自分が知らない間に勝手に作られている

 

部分だということです。

 

 


スポンサーリンク

 

 

私がレッスンする場合は、一番初めに慣性の力を理解していただくために、

 

テークバックをして、シャフトが腰の高さで地面と平行な位置を
トップだと考えてスイングを一回していただきます。

 

それを動画で撮って見ると面白いことが起こります。

 

99.9%の方が、自分が考える位置よりもかなり高い
位置まで慣性力によってクラブと腕が動かされています。

 

5割の方は、プロのトップの写真と同じ位置まで上がっており、
中にはそれ以上に動き、いわゆるオーバースイングという
状態にまでなっている方もいるのです。

 

これは、映像を撮るとみなさん驚きますが、納得します。

 

腕の重さは数キロありますし、クラブの重さもありますね。

 

それらが動き出した勢い(慣性力)はなかなか止まってくれないのです。

 

映像で納得するのが一番ですが、映像を撮れない場合は、大きな鏡を使って確認していきます。

 

自分の姿を大きな鏡で正面から見ながら連続素振りをしてください。

 

ポイントは下半身を積極的に動かして腕とクラブが振られて慣性力が
発生していることを感じることです。

 

そして、鏡で見たトップの位置にクラブが到達した時に、

 

自分の感覚では
グリップや腕がどの高さまで上がっているように感じるか、
シャフトがどんな角度になっているように感じるか、

 

目を閉じて調べてください。

 

また、
2段モーションの方は、テークバックで腕は上に上げるものだと思っているケースがあります。

 

しかし、腕は上げようとして上がっているのではありません。

 

アドレスでお腹の近くにあるグリップがテークバックでお腹から離れる動きをするだけで
結果として上がっていくのです。

 

なぜなら、腕は肩にくっついているので離れ続けることはなく、
あるポイントから腕は上方向に動きを変えるからです。

 

連続素振りした時に、
テークバックで腕がターゲット後方に振られて
体から離れることで結果として
上にも上がっているんだな
ということも理解しながらやってみてください。

 

クラブを2,3本持って、重くして試すのも有効です。

 

テークバックという言葉をよく見てください。

 

テーク『バック』です。

 

テーク『アップ』ではありません。

 

 

テークバックですることはクラブをターゲット後方に動かし、
左腕が地面と平行な辺りまで動かしたら終わりです。

 

あとは慣性に任せるだけ。

 

そして、この慣性力を使うことで腕が引っ張られるので
筋肉が伸ばされてパワーへとつながっていくのです。

 

自分で作る仮想のトップ位置と現実のトップ位置は違うということを
ご理解いただけたでしょうか?

 

 

写真で見るトップ位置まで上げなくていいんです。

 

ちなみに、参考までに私のトップの感覚をお話すると、

 

テークバックでシャフトが垂直に立ってクラブヘッドの重さを一瞬感じなくなる辺り、
左腕が地面と平行くらいの感覚で実際にはみなさんが考えるトップの位置まで上がっています。

 

もちろん、これは私の感覚ですので人によって違うので注意してください。

 

・・・
・・

 

ゴルフは錯覚のスポーツです。

 

ゴルフクラブは他のスポーツで使う道具とは違う作りをしています。

 

大きな違いは

 

・先端が極端に重い
・シャフトの延長線上にクラブヘッドの重心がない(偏重心)

 

そして、ある程度の重さがあるのでクラブや体は自分が考えているのとは
違った動きをしてしまうのです。

 

スイングを治すということはその錯覚、認識のズレを修正するということです。

 

現代のプロの技術が飛躍的に上がったのは映像で自分のスイングを見ることで
その錯覚を修正できるようになったことが大きいですね。

 

通常のレッスンでは
様々な方法(薬)を使って治していきますが、ここでは書ききれませんので
今日はこれで終わりたいと思います。

 

 

長くなりましたが、いつも最後までお読みくださり、どうもありがとうございます。

 

これからもあなたのゴルフが上達されますように!

 

 

 

 

追伸

 

 

前々回の球筋アンケートの集計がでました。

 

ご回答いただいた皆様どうもありがとうございます。

 

では、早速結果発表いたします。

 

 

1位・・・スライス系(48.4%)

 

2位・・・フック系(27.7%)

 

3位・・・ストレート系(22.3%)

 

4位・・・その他
    ・コントール不能のどちらでも
    ・ドライバーはスライス、アイアンはフック
    ・ひっかけ
    ・以前はスライス、左一軸でストレートに変わりました

 

 

やはり1位は予想通りスライス系でした。

 

でも、思ったより少ないかなという印象です。

 

 

もしかしたら、この読者の方々は
ゴルフがうまい人が実は多いのかもしれません。