入れるパターの秘密

入れるパターの秘密

こんにちは。

 

スコアアップにはアプローチの上達が不可欠です。

 

アプローチがうまくなるとピンに寄るという直接的なメリットがありますが、

 

その他に、もうひとつ間接的なメリットもあります。

 

それは、

 

グリーンを外してもアプローチでうまくカップに寄せられる
という自信がでてくるので、

 

グリーンを狙うロングショットも思い切って
打っていけるようになることです。

 

すると、ショットが直接グリーンを捕える確率も高くなり、
必然的にスコアも良くなるというわけです。

 

今日はアプローチの話をしますが、その中でもグリーンから少しこぼれた
エッジから寄せる打ち方についてお話します。

 

それでは、今日のお話を・・・

 

 

 

芝と戦わないで勝つパッティングテクニック

 

読者の方からご質問をいただきました。

 

グリーンエッジからカップまで20ヤードぐらいの距離がどうもうまく寄りません。

 

この方法を伝授願います。

 

 

今回はグリーンエッジから20ヤードがうまく寄らないとのご相談ですが、

 

いわゆる芝がグリーンより少し長いカラーからの距離感が合わない
ということをおっしゃっているのだと思います。

 

このケースでは、ウェッジや7番、9番アイアンなどで転がすこともあると思いますが、

 

パターを使う方が一番多いのではないでしょうか。

 

でもなかなか距離感が合わない・・・

 

そのミスの多くがショートしてしまうというものかと思います。

 

それならばと、ショートしないように思い切って打ったら飛びすぎて
グーリーンオーバーしたり、

 

はたまた

 

大きく振りすぎて軌道がずれて的外れな方向に飛びだしたり、
あり得ないことにパターでダフる方もいるかもしれませんね。

 

このようなミスが起こるくらいエッジからのパッティングはなぜ難しい
のでしょうか?

 

・・・
・・

 

 


スポンサーリンク

 

 

それは、このエッジ部分の芝が長く、芝の影響を受けるからですね。

 

その影響を受けないためには、ウェッジや7番アイアンなどを使うといいのですが、

 

うまくできない場合はパターを上手に使っていく必要があります。

 

パターをグリーンで普通に打つように使うと
まともに芝の影響を受けてしまいます。

 

特に、今のパターは昔のパターに
比べてロフト角が小さくなっているので、

 

その影響が大きくなります。

 

パターがうまくいく為にはインパクトがとても大切です。

 

特に、グリーンより芝の長いエッジからでは
通常のショットとは違い球の出だしの芝の抵抗で

 

転がりが悪くなったり曲がってしまったりします。

 

では、

 

出だしの芝の抵抗(初期抵抗)を減らして、
予測したラインに乗せ、
ぴったりとカップに寄せていくためには
どうしたらいいのでしょうか?

 

そのコツは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アッパーにボールを捕えることにあります。

 

ダウンブローに打ってはいけません。

 

芝の抵抗を最大に受けてしまい、
方向性も距離のコントロールも失います。

 

芝の長いエッジからでは水平に動かすよりも
アッパー軌道で打つようにするといいでしょう。

 

では、どのようにしたらいいのでしょう?

 

アッパーにボールを捕えるためには
ボールをいつもより左に置いて構えます。

 

ロフト角やシャフトの形状にもよりますが、
セットアップでシャフトを、正面から見たときに
垂直かヘッドファースになるように。

 

ハンドファーストにはしないでください。

 

インパクトでもハンドファーストにせず、
そのままの形でヒットしていきます。

 

そうして打つとアッパーにボールを捕らえることができます。

 

すると、ボールは少し空中を飛ぶので、
芝の抵抗を避けることができます。

 

さらに、ロフト角と同じかそれ以上の上昇角で
ヘッドが動くためバックスピン量をなくすことができ、
どんどん前へ転がるボールになる。

 

というわけです。

 

パターは転がして使うばかりではありません。

 

ぜひ、試してみてください。

 

アプローチが楽しくなりますよ♪