ゴルフのレッスンを受けたことはありますか?

ゴルフのレッスンを受けたことはありますか?

こんにちは。

 

今までゴルフのレッスンを受けたことはありますか?

 

ゴルフのレッスンをうまく受けるためには大事なコツがあります。

 

それでは、今日のお話を・・・

 

 

先生の言うことは信じてはいけない

 

今日は一通、読者の方からいただいたメールをご紹介したいと思います。
Tさんからのメールです。

 

 

バックスイングで右腕で引っ張り上げる癖について相談をさせて頂いたところ

 

左腕を少し曲げて、かつ、フラットに振るアドバイスを頂きました。

 

昨日早速、練習場にて試してみました。

 

結果、左腕を曲げ気味にしてバックスイングすることと
フラット気味に振ることが上手く出来た時は、
本当に良い打球感が得られました。

 

そして、アイアンの弾道も高くなりました。

 

従前は(引っかけるかトップになるかどちらかの状態です)、
アイアンの弾道が常に低く、高い弾道で打つことは出来ませんでした。

 

「ゴルフは正しい事を諦めずに続けていれば、

 

絶対に上手くなるスポーツです。」

 

この言葉は本当に励みになります。

 

ありがとうございました。

 

 


スポンサーリンク

 

 

この方は、関節が固く、バックスイングで腕が
レベル位置までしか上がらないという状態でした。

 

このようなケースや、テークバックで腕に力がはいる方は
左肘をアドレスからテークバックで曲げて使うといいでしょう。

 

スウィングアークを大きくしようと左腕をピーンと張ったまま
テークバックしている人がいますが、

 

それは逆に余分な力が入ったり、コックが自然に入らなくなったり、
右腕で引っ張り上げるという動作にもつながるのでよくありません。

 

みなさんは杉原輝雄さんのスウィングを覚えているでしょうか?

 

杉原さんのスイングはアドレスから両肘が曲げて使っています、

 

極端に見えるかもしれませんが、実はとても理にかなった
よいスイングなのです。

 

ボールを正確に捉えられる要素が満載のスイングで、
特徴的な体の動きに目が行きがちですが、
クラブの動きもとても理想的なのです。

 

今回は、Tさんからは具体的に詳しくお悩みを
いただいていましたので、
他にもアドバイスをさせていただきました。

 

もちろん、スウィングを拝見していないので、
有効だと思われる方法の中から
可能性の高いものをお話しました。

 

そして、このケースのようにアドバイスにより
うまくいけばいいのですが、

 

うまくいかなかったときが重要なので少しお話したいと思います。

 

これは全てのゴルフのレッスンを受けるときの
コツとお考えください。

 

 

そのコツとは、先生の言うことを信じないことです。

 

先生のいうことだから正しいと思って一生懸命やり続ける人がいます。

 

うまくいかないのにやり続けるとどうなるか?

 

それは、症状が悪化します。

 

逆に下手を固めてしまうことになります。

 

では、レッスンを受けるコツは何か?

 

それは、ただ試すということです。

 

アドバイスを受けたら、それをやってみる。
しばらくやってダメだったら、それはうまくいかない方法・薬だったというだけです。

 

先生の与える薬が間違っているのに、それを信じてやり続けてはいけません。

 

一番問題なのは、先生自身が間違った薬を出したことに気づかず、

 

自分は正しいと信じて生徒さんにやらせ続けることです。

 

うまくいかなかったら止めることです。

 

そうしたら、また違うことを試せばいいのです。

 

私はTさんにこのように話しました。

 

「ゴルフは正しい事を諦めずに続けていれ、絶対に上手くなるスポーツです。」

 

しかし

 

この意味は努力や、やり続けることの重要性のみを言ったのではありません。

 

諦めずに続けるのは試すという行為であり、
それによって見つかった正しいことを
繰り返し反復することが大事だということなのです。

 

 

それでは、今日はここまでです。

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

 

次のメールもお楽しみに!

 

 

あなたのゴルフが上達されますように!