タイガーはなぜ勝てなくなったのか

タイガーはなぜ勝てなくなったのか

こんにちは。

 

明日からマスターズが始まりますね!

 

今年のマスターズは久し振りにアツイ戦いになる予感がします。

 

とうとう、あの男が帰ってきましたから。

 

それでは、今日のお話を・・・

 

 

 

タイガーはなぜ勝てなくなったのか?

 

今日はいつもとちょっと雰囲気の違った質問をいただいておりますので

 

まずはこちらをご紹介したいと思います。

 

今回は、私が返信したメールも含めご紹介したいと思います。

 

ペンネーム「けん」さんからのメールです。

 

 

いつも楽しく拝見させていただいています。

 

ゴルフ歴8年、いまだに100を切れない、
ペンネーム「けん」と申します。

 

今日は、質問があってメールいたしました。

 

というか、個人的に興味があるので聞きたいのですが、

 

タイガー・ウッズや石川遼が常勝していた頃と、
最近の勝てなくなった今とでは、何が違っているのでしょうか。

 

練習量が減ったわけではないでしょうし、
むしろ以前よりもっと練習しているとしたら、
練習の質が変わったのでしょうか。

 

逆の質問をすると、いま活躍している
ルーク・ドナルドやマキロイ、ペ・サンムンなどは、
タイガーや石川と、何が違うのでしょうか。

 

明らかに、スイングや技術(小技など)以外の、
何かの要因があるのだと思うのですが、何でしょうか。

 

スコアに直結するものとして、
ドライバーの精度(フェアウェイ・キープ率)や
アプローチ(あるいはパーオン率)、
パッティング(パット数)などがありますが、

 

こういうものが今までできていたのに、
いきなり下手になってしまう、
なんていうことはあるのでしょうか。

 

 


スポンサーリンク

 

 

何故なんでしょう。
確かに不思議に感じますよね。

 

それでは次に
私から、けんさんへ返信したメールをご紹介します。

 

 

 

けん 様

 

 

早速ですが、ご質問についてお話したいと思います。

 

石川遼の場合は、平均ストロークが
べ・サンムンに比べると総体的に悪くなった
結果として2011年の賞金ランクでは負けていますが、

 

トップに行けば行くほど、
ストローク数などの様々な数値の上位との差は
コンマいくつの違いしかない世界です。

 

つまり、賞金王を獲得した2009年に
比べて2010年・2011年がいきなり下手になったと
いえる程の数値の違いはありません。

 

もちろん、細かく見ていくと、
ドライバーの平均飛距離が悪くなったなど、
分析することもできますが、
それは部分的な結果論であって、本質的な問題ではないと考えます。

 

アマチュアは上手い人と下手な人、
シングルとアベレージゴルファーの差は
とても大きいですが、プロでも日本のトップ、
そして世界のトップクラスになればなる程、
ほんのわずかな鼻の差で勝負が決まっており、
上位数人のうち誰が勝っても不思議ではありません。

 

そうすると何が勝負を分けるのか。

 

時の運はどうにもならない部分もあるかもしれません。

 

しかし、自分の力が及ぶ部分として
精神状態と思考法というところが大きいと思います。

 

ここ数年ずっと、賞金王を争っていた程
常に勝てる位置にいた石川選手に比べ、

 

タイガーの場合、そのマインドの部分と
左下半身の故障のダメージが大きく
それが原因で成績を大きく下げてしまったのでしょう。

 

しかし、タイガーは現在、
コーチのショーンフォーリーのもとで
スイング改造に取り組んでいます。

 

これは今、世界のプロの多くが取り入れ始めた
スタック&ティルト打法や
オジーモアに代表される左一軸打法のような
スイングです。

 

スイング的に見ると、タイガーは全盛期に比べ
徐々に背骨の傾きが大きくなりフェースの
ローテーションが激しくなっていました。

 

しかし現在取り組んでいるこのスイング理論は、
右への体重移動を起こさず
軸をずらさないものなので、

 

近年の悪い動きが修正されて
よい結果がでるかもしれません。

 

ただしそれは、左下半身の回復次第でしょう。

 

(メールはここまで。)

 

 

 

つまりは、

 

石川選手は下手になったわけではないので
昨年も賞金王になっても不思議ではなかったと思います。

 

ただ、昨年はべ・サンムンのほうが上位に来た回数が多かった。

 

ほんの少しの違いが勝負を分けたケースです。

 

でも、タイガーは違いました・・・
技術も精神も負けていました。

 

もう少しだけ、メンタルの話をします。

 

プロスポーツ選手を技術指導するコーチは
メディアなどでよく表に出てきますが、

 

メンタルやマインドを指導するコーチは
それに比べると表に出てこないケースがあります。

 

トップ選手ほどその重要性を理解し、
マインドのコーチを受けていますが
秘密に行なっている方もいます。

 

以前、私もマインド系のコーチを
1年間受けるプロ野球選手を間近に
見ていたことがあります。

 

それまではチームでローテーション入り
できるか、できないかというレベルの選手でしたが、

 

その年はあらゆる賞を獲得し、
冬の契約更改では年俸が約1億近く上がり、
メジャーに行くまでの選手になりました。

 

技術的には何も変えず、メンタルのみの指導でした。

 

それほどメンタルの部分は勝負に大きく影響します。

 

タイガーはスキャンダルなど色々問題を
抱えていましたが、それも大分落ち着き、

 

また戦える状態になってきました。

 

技術的にはトップクラスであることは間違いないので、
そろそろ期待できそうです。

 

マインドの話は重要なので
また、機会をみてお話したいと思います^^

 

それでは今日は、ここまでです。

 

最後までお読みくださり、
どうもありがとうございます。

 

これからもあなたのゴルフが上達しますように!

 

 

追伸

 

タイガーが2年半ぶりに勝ちましたね!

 

2位に5打差をつけて勝つという、以前の強いタイガーでした。

 

今年のマスターズは楽しみです!