テークバックで大事なポイントは?

テークバックで大事なポイントは?

14日の大雪はすごかったですね。

 

翌日が今年の初ゴルフの予定だったのですが見事中止になりました。

 

来週も雪の予報なのでまたおあずけになりそうです。

 

 

 

こんにちは。

 

先週、読者のみなさんにテークバックについてのアンケートにご協力いただきました。

 

 

その結果はこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

質問:「テークバックはドライバーとアイアンで上げ方を変えている?」

 

 

回答:変えている・・・・・19%

 

   変えていない・・・・75%

 

   その他・・・・・・・6%

 

 

その他の回答も全て拝見しましたが、
ここでいくつかご紹介したいと思います。

 

 


スポンサーリンク

 

 

・「意識した事が無い。」

 

 

・「ドライバーは横振り、アイアンは立て振りの意識はある。
  しかし「上げ方」をあえて意識していない。」

 

 

・「あまり意識していない、と言うか、意識しない様にしています。
  シャフトの長さが違うので他人から見ると違っているのか良くわかりません。」

 

 

・「なりゆき」

 

 

・「変える気持ちは無いが、一寸変わってしまっている」

 

 

・「クラブの長さにより前傾姿勢が変わるので見た目は
  変わるかと思うが振る意識に変わりは無い。」

 

 

・「○○さんのレッスンですね。前傾姿勢の傾きが違う分、
  上げる方向は変わってるかもしれませんが、意識しては
  変えていないと思います。ましてや角度がどうのこうの
  というのはとても無理です。」

 

 

・「シャフトの長さが違うので多少前傾が変わり、その結果
  自然にヘッドの上がる角度が違ってくるのではないでしょうか。
  あまり意識はしませんが。」

 

 

・「クラブの感覚(長さ・重さ)が違うので自然と変わります。」

 

 

・「左の手首、肘、腕を固定してテークバックしているので、
  クラブに寄って上がる位置は違って見えるが、自分では
  同じテークバックをしている。」

 

 

・「グリップとお腹の距離を調整、DRを長く」

 

 

・「そう言う風に考えたことは無い。ボール位置が変わると目線が変わるので、
  自然に上げる角度が変わってると思う。」

 

 

・「私は変えていないを選択しますが、ウッドやドライバーなど
  長いクラブになると変わってしまいます、その為次にアイアンを
  持った時に振りがおかしくなってしまいます。」

 

・「変えないようにしたい」

 

 

などなど。

 

 

たくさんコメントをいただきましたが、あまりの優秀さに驚いてしまいました。

 

レッスンプロより分かっているのではないかと・・・

 

みなさん、数ある情報を正しく読み取捨選択しているようですね。

 

まあ、ここの読者のみなさんは他とはちょっと違うとは思っていましたが、

 

こうして実際に声をたくさんいただいてよく実感しました。

 

本当はお一人お一人にコメントを返したいのですが、
まとめて少し僕の考えをお話したいと思います。

 

 

 

まず、テークバックの角度についてですが、みなさんが考えているように、

 

あるポイントを正しくセットすればあとは自動的に正しい角度に上がっていきます。

 

腕で上げる角度を変える必要はありません。

 

 

そのポイントは次の3つです。

 

 

1.腕とシャフトの角度

 

2.お腹とグリップエンドの距離

 

3.骨盤の前傾

 

 

腕でテークバックを縦に上げたり横に上げたりと変えなくてはいけなくなる一番大きな原因は
アドレスで骨盤の前傾をクラブなりにセットできていないことです。

 

 

・アドレスではクラブなりに骨盤の前傾を『変え』、

 

・腕とシャフトの角度を『全クラブ共通に構え』、
 シャフトが地面と平行まで『その角度を変えず』

 

・お腹とグリップエンドの距離をシャフトが地面と
 平行まで『変えない』。

 

 

この3つのポイントが正しく守られていればテークバックは短いクラブではアップライトに
長いクラブではフラットに勝手になります。

 

アドレスで構えたシャフトライン上に自然と上がるテークバックになりますね。

 

みなさんはもうよく分かっているようなので簡単にまとめました。

 

 

テークバックを変えなくては上手くいかない方や安定しない方はこの3点をチェックしてみてください。

 

 

3つのポイントがそろってはじめて完成します。

 

 

2つしかできてない人はもうワンポイント
チェックです。

 

 

これができれば腕の動きは全クラブ共通でスイングできます。

 

ノーマルアプローチも全く一緒です。

 

 

 

次に「変えている」と回答された方にお話します。

 

 

これもある意味正しいんですね。

 

何故ならセットアップが変わるとテークバックをした時に感覚が変わるので、体への動きの指令としては
違うことをする必要があるからです。

 

 

そう言うと、
「さっきは同じで良いって言ったのに違うじゃない?」

 

と言われそうですが、腕を上半身に対して全クラブ
同じように動かすためには違った方向に

 

自分で力を加えないといけないからです。

 

 

 

例えば、

 

前傾が深くなるショートアイアンより浅くなるドライバーではクラブがフラットに
動いていくのでクラブの構造上フェースが開きやすくなります。

 

そのために、少しフェースを『閉じておく方向に力を加え』なければいけません。

 

 

また、上半身に対する腕の動きは同じでも前傾角が変わると、地面に対する腕の向きが
変わるので、重力によって腕に負荷がかかる方向も変わり感じ方も変わるという仕組みです。

 

そういうワケで変えているという答えもそれはそれで正しいということです。

 

 

その他の回答でもありましたが、

 

変えていないつもりでも、ウッドやドライバーなど長いクラブになるとテークバックが変わってしまい、
その為次にアイアンを持った時に振りがおかしくなってしまうタイプの方は逆に感覚では

 

ドライバーとアイアンの上げ方を変えることで現実の動きは理想の位置にクラブが動くようになるでしょう。

 

 

 

それから、次のように書かれている方もいました。

 

 

「グリップとお腹の距離を調整、DRを長く」。

 

これは、上級版ですね。

 

ドライバーは『飛ばすクラブ』なので遠心力を最大に使いたいから基準より少し離して構える。

 

アイアンは『寄せるクラブ』なのでクラブにかかる力を制御してコントロール重視目的で
体に近づけて構える。

 

プロでも分けている人もいます。

 

大事なことは基本的な仕組みを理解していること。

 

勘所をを押さえていれば目的に応じてカスタマイズするのはベリーグッドですね。

 

それにしてもみなさんの理解度が高いので今年はもう一段レベルを上げた内容にしても
いいかなと思ってきました^^

 

アンケートを取るとみなさんのことが良く分かって楽しいですね。

 

その時はまたよろしくお願いします。

 

 

テークバックで大事なポイントは?関連ページ

プロより上手いアマチュアを知っていますか?
飛び過ぎクラブにご用心
ゴルフはマジックか?
ゴルフの上手い人は車の運転も上手い?
メガネとスイングの関連性
筋肉の効率良い使い方
筋肉を上手に使う方法
ゴルフの上達は株価に似ています
ゴルフクラブの発明者の方とお会いしました
突然ですが
ANAオープンに行ってきました
ANAオープン会場での練習風景
強いゴルファーのスイングが必ずしも良いとは限らない
スイングはたまに人に見てもらったほうがいいです
今年の最初の1打目はどんなショット?
石川遼がマキロイになる
どうしてみんなそんなに難しくするのかな?
タイガーの完成度
言う事を聞かないとこうなります
もしも石川選手がパーシモンで打ったら
現実をお話します
最良の先生はどこにいる?
不思議な感覚を体験しました
タイガーの選択、ミケルソンの選択《全英オープン編》
202X年、日本人ゴルファーがメジャーを獲る。
石○選手は3年前の方が上手かった?
マスターズの前にまずは金メダルを
たった1ヶ月で5アンダー達成
大人と子供の練習の違い
ゴルフ場で遭難しないために
ゴルフスイングと英語の発音の意外な共通点
それでもフェースは丸かった
上達の早い子供と大人の違い
未来のゴルフスイングはこうなる?前編
未来のゴルフスイングはこうなる?後編
メルマガの不都合な真実
ラウンドレッスン
そろそろどちらがいいか決めませんか?
打法を活かせる父さん活かせない父さん